元宝塚・森ほさちが女優業引退 ブログでスタッフ、ファンに感謝

[ 2015年4月15日 07:02 ]

女優業引退を発表した森ほさち(2003年撮影)

 元宝塚歌劇団花組トップ娘役で女優の森ほさち(40)が15日、自身のブログで、3月31日付で女優業を引退し、所属事務所も退社したことを報告した。

 森は「16年間所属させて頂きました事務所のスタッフの皆様、大変お世話になりました。そして、応援してくださいましたファンの皆様、心より御礼申し上げます」とスタッフ、ファンへの感謝をつづり、「皆様の温かいお心遣い、忘れません。感謝の気持ちで一杯です。今まで本当にありがとうございました」とブログを締めくくっている。

 宝塚時代は「千ほさち」の芸名で活躍した森は、1994年に初舞台を踏むと華やかな容姿で注目を集め、96年には花組トップ娘役に就任。98年8月に退団を発表し、同10月に花組トップスターの真矢みき(現・真矢ミキ=51)とともにダブルサヨナラ公演を行った。退団後は「森ほさち」に改名し、テレビ朝日系ドラマ「はぐれ刑事純情派」などに出演。「サイバーストーカーによる誹謗中傷や成りすまし」などを理由に2012年7月25日でブログを休止しており、約2年9カ月ぶりの更新が引退報告となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年4月15日のニュース