渡辺直美 8.6秒バズーカーとコラボにご満悦も恋愛対象にされず落胆

[ 2015年4月15日 15:12 ]

東京・台場のダイバーシティ東京プラザの「劇的3周年スペシャルステージ」で共演する「8.6秒バズーカー」と渡辺直美

 お笑いタレントの渡辺直美(27)、「平成ノブシコブシ」、くまだまさし(41)、「8.6秒バズーカー」が15日、東京・台場のダイバーシティ東京プラザの「劇的3周年スペシャルステージ」に出演した。

 今月18日に3周年を迎える同施設のイメージキャラクターを務める渡辺が、“私服ダサい芸人”として知られるノブコブの吉村崇(34)、徳井健太(34)、くまだをコーディネート。「8.6秒バズーカー」の2人には、上下デニムのファッションを施した。

 これまでの赤のイメージを一新するいで立ちに田中シングル(24)は、「春っぽい感じでさわやか。自分的にもしっくりきている」とお気に入りの様子。はまやねん(24)も、「半ズボンがすっきり見えていい」と満足げ。そして、3人で「ラッスンゴレライ」のコラボネタを披露し、渡辺は「はまったあ~」と恍惚(こうこつ)の表情を浮かべた。

 その渡辺は、今年2月のイベントで「気になっている年上の外国人男性」の存在を明かしていたが、「向こうに別の女性がいたんです。私は本命のいる男に遊ばれちゃうんでしょうね」と恋愛に発展しなかったことを告白。さらに、「2週間くらい前にも、男の人と2人で飲んでそのまま…というのがあったのに、誰にも取り上げられていない」と嘆いた。

 そこで吉村が、「8.6秒バズーカー」の2人を斡旋しようとしたが、田中は「申し訳ないですけれど、やせている人が好きです」ときっぱり。はまやねんも、「自分と体形が一緒の人はちょっと…」と拒否し、渡辺を落胆させていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年4月15日のニュース