高倉健さんが死去 83歳…悪性リンパ腫で10日に

[ 2014年11月18日 11:36 ]

高倉健さん(2012年8月撮影)
Photo By スポニチ

 俳優の高倉健(たかくら・けん、本名・小田剛一)さんが10日午前3時49分、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。83歳だった。福岡県出身。

 故人の遺志に従い、すでに近親者にて密葬を執り行ってからの公表となった。最後の仕事も「健康家族」のCMで8月に撮影が行われていた。

 高倉健さんは明大商学部卒業後、1955年に東映ニューフェイス第2期生として東映へ入社。戦後の日本を代表する映画スターで、代表作は「網走番外地」シリーズ、「日本侠客伝」シリーズ、、「昭和残侠伝」、「八甲田山」、「南極物語」、「幸福の黄色いハンカチ」、「鉄道員(ぽっぽや)」など邦画史に残るヒット作品を生み出した。12年に公開の「あなたへ」(降旗康男監督)が遺作となった。

 1998年には紫綬褒章、2006年には文化功労者、2013年には文化勲章を受章1978年に「幸福の黄色いハンカチ」で受賞したのを始め、日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞を4回受賞した。

 私生活では「恐怖の空中殺人」で共演した歌手の江利チエミさんと結婚。71年に離婚した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年11月18日のニュース