韓国では「鉄道員」が人気 健さんの死悼む「理想的日本男性の象徴」

[ 2014年11月18日 19:48 ]

 今月10日に死去した俳優の高倉健さんは、韓国では、人気を博した「鉄道員(ぽっぽや)」の主人公としてよく知られていた。聯合ニュースは18日、「日本を代表する俳優」として高倉さんの死去を報じ、「理想的な日本男性の象徴のような卓越したイメージを築いた」と称賛した。

 韓国の日本映画ファンらのウェブサイトなどには「鉄道員を見て深い余韻が残ったのを思い出す」「冥福を祈ります」と高倉さんをしのぶ書き込みが相次いだ。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年11月18日のニュース