山岸舞彩 緊張「初体験」明かす 「覚えてない」始球式

[ 2014年4月17日 09:07 ]

<ヤ・巨>華麗なフォームで?始球式を行う山岸舞彩

 フリーアナウンサーの山岸舞彩(27)が17日、自身のブログを更新。16日のヤクルト―巨人戦(神宮)で務めた初めての始球式についてつづっている。

 華麗なフォームの連続写真をアップ。「人生で一番と言って良い程緊張」「緊張すると、こんなにも落ち着きのない人間になるということを初めて知りました」とガチガチだったことを明かす。「マウンドに行ってからの事は、あまり覚えてない」というから、相当舞い上がっていたようだ。

 短パンスパッツ姿で美脚は封印?し、投球はワンバウンドでやや一塁側にそれた。だが、温かい声援を浴び「本当に貴重な経験をさせていただきました」と初体験できたことを感謝していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年4月17日のニュース