キンタロー。Ami本人の前でネタ「全然、似てない」

[ 2014年4月17日 12:27 ]

「E―girls」のAmi(左)とものまねタレントのとキンタロー。

 「E―girls」のAmi(25)のものまねに悪意があると批判が殺到したお笑い芸人のキンタロー。(32)が17日、フジテレビの情報番組「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。木曜レギュラーを務めるAmiを目の前にネタを披露した。出演後にはブログを更新し、Amiとの2ショット写真をアップ。CDとDVDをプレゼントされたことを明かし「怒らずにものまねを見てくれた優しいAmiちゃん!ありがとうございました」と感謝。2人の間には“わだかまり”はないようだ。

 番組中、Amiは「全然、似てない。でもメークの仕方はちょっと似てるかもしれないですね」。水を向けられたゲストの坂口憲二(38)は「ダンスはキレキレでしたけど」と褒めたが「それ以外は悪意しか感じない」と笑いを誘った。

 キンタロー。は「(悪意は)全然ない」と弁明した。

 “騒動”の発端は13日放送の同局「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」。大げさに前歯をむき出したネタに、インターネット上にはファンからの怒りの書き込みがあふれていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年4月17日のニュース