土田世紀さん原画展 5月から開催 松本大洋氏らも出展

[ 2014年4月17日 08:25 ]

 43歳で早世した土田世紀さんの原画展「土田世紀全原画展――43年、18000枚。」が、5月31日から8月31日まで京都国際マンガミュージアムで開催される。

 発見されている土田さんの全原画18000枚などの展覧会。トリビュート作品として、青野春秋氏らのマンガ、松本大洋、矢口高雄、高橋よしひろ各氏らのイラストも展示される。また、土田作品に共鳴したマンガ家たちのトークショーや、会期中限定のオンデマンド本の出版など、関連事業も数多く行われる予定。

 土田さんは1968年3月21日生まれ。秋田県出身。「俺節」「編集王」「ギラギラ」「同じ月を見ている」などで知られる。「週刊漫画ゴラク」に「かぞく」を連載中の12年4月24日、死去した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年4月17日のニュース