【阪神・岡田監督語録 TV取材】劇的サヨナラにも苦言「走塁ミスばっかり。5つやね。走塁ミスは」

[ 2024年6月18日 23:00 ]

交流戦   阪神2-1日本ハム ( 2024年6月18日    甲子園 )

<神・日>8回、申告敬遠を告げる岡田監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は日本ハムにサヨナラ勝ちし、交流戦を勝利で締めた。延長11回1死二、三塁から矢沢が暴投。三走・植田が生還し、4月18日巨人戦以来、今季2度目のサヨナラ勝ちを収めた。以下、岡田監督のテレビインタビュー。

 ――最後は相手のバッテリーエラーという結末
 「まあ、向こうのミスでね。その前もですけどね」

 ――試合全体を通して
 「もうね、1―0かね。きょうは9回で、1―0で勝つしかないなと思ってたから。ちょっとあっこ(7回2死二塁から清宮に許した右前適時打)もね、不用意に初球だったしねえ。歩かせてもいい場面だからねえ。もったいなかったですけどね。だから、11回までいったのかな」

 ――1ー0という話だったが、近本のタイムリーだった
 「もう、走塁ミスばっかりで、行かないから、4つよ。今日ね。だからまあ、何とか村上も飛ばしていたし、ずっと勝ちが付いてないから、5回でも勝ちを付けてやろうと思って(代打・原口を送った)。いい当たりじゃなかったけど、ファウルフライでも打って、あそこで(点を)取っていたら、もう2点取れているところやけどね、走塁の面を普通にやればね」

 ――梅野の打席でセーフティースクイズも仕掛けた。
 「いやいやもう、点を取れないから。セーフティースクイズっていうても、正面だったら別にスタートを切らなくていいじゃないですか。そう考えたら5つやね。走塁ミスは」

 ――村上の投球は
 「(4月30日から)勝ってないから、何とか先に点をやらないというかね、そういう姿が見えてて、球数も多かったけど、何とかねあそこ、初めてのチャンスでね、あそこでね、1点に終わったからね、もう1点ね、ほんとは2点ほしいからね、1点やったら村上打たせたらいいじゃないですか。1点しか取らなかったから、こういう展開になったと思うんだけどね」

 ――リリーフの投入も早かった
 「いやいや、ゲラがいないからね、6回からだと、しんどい部分もあるんだけど、なんとかね、つないでつないでね、ちょっと初球は不用意やったと思うけどね、清宮ね、代打ね、2アウトでね、バッター考えてもね、左バッターで」

 ――交流戦を振り返って
 「まあね、交流戦入る前から打つ方がね、もうこれ言うた通りね、パ・リーグのピッチャー、なかなか今の状態でなかなか打てんいうのは、その通りの交流戦なったけどね。まあね、負け(越し)4つになったのかな。まあ4つ言うてもねえ、去年も3つ負け越してたから、そんな変わらないんだけどね、なんかものすごい負けてるような感じになってるけど、まあよくしのいだと思いますよ、このまま負けでね、はっきり言うて。今のチーム状態から行くとね」

 ――リーグ再開、どういう阪神の野球を見せていく
 「今度はね、ある程度分かってるピッチャーというかね、対戦のあるピッチャーと当たるし、ねえ。もう1回やっぱり気持ち切り替えてね、自分の役割というか、そういうのが全然ねえ、できてない部分も多いからね、だからやっぱり点取れない部分があると思うんで、そのへんの修正ですね、はい」

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月18日のニュース