ドジャース・ベッツ 死球で「左手付け根の骨折」長期離脱へ

[ 2024年6月18日 01:30 ]

インターリーグ   ドジャース3-0ロイヤルズ ( 2024年6月16日    ロサンゼルス )

16日のロイヤルズ戦で7回に死球を受け、倒れ込むベッツ(AP)
Photo By AP

 ドジャース・ベッツの悲劇は7回2死一塁だった。ロイヤルズの2番手右腕・アルタビーラの97・9マイル(約157・6キロ)が左手に直撃。痛みにもん絶し倒れ込むと、デーブ・ロバーツ監督がベンチから飛び出し、次打者の大谷も心配そうに見守った。

 そのまま負傷交代し、試合後、指揮官は「左手付け根の骨折」と説明。長期離脱となるベッツは米メディアの取材に「とにかく休んで、精神的な休養にして、いつ治ってもプレーできるように準備しておく」と絞り出した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月18日のニュース