東京ガス新人右腕・益田、OP戦で1回零封も「まだ自分本来の投球はできていない」

[ 2021年3月3日 16:12 ]

アマ野球オープン戦   東京ガス5―0明大 ( 2021年3月3日    明大G )

スポニチ大会での活躍を誓う東京ガスのルーキー益田
Photo By スポニチ

 東京スポニチ大会(8日から)に出場する東京ガスの期待のルーキー右腕・益田武尚(北九州市立大)が3番手で登板。1イニングを1安打無失点に抑えた。

 2月25日のENEOS戦に続く2度目の登板。ENEOS戦では151キロをマークし、常時140キロ中盤を出せる本格派。プロ志望届を出したが叶わず、東京ガスに入社した。「まだ自分本来の投球はできていない感じです。一番よかったのが大学3年のとき。このイメージに早く近づけたい」と言う。九州六大学野球リーグで3年秋にMVPを獲得、球速もMAX152キロを記録した男。スポニチ大会での登板も期待されるが「もう少し細かな制球を磨いて、チームの勝利に貢献したいです」と意欲的に話していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月3日のニュース