ヤクルト・田口「転校生の気分」 入団会見で笑い取る「凄く晴れやかな気持ち」

[ 2021年3月3日 14:39 ]

巨人戦前にヤクルトの首脳陣や選手に挨拶し、高津監督とポーズを取る田口
Photo By 提供写真

 広岡とのトレードで巨人からヤクルトに移籍した田口麗斗投手(25)が3日、巨人戦に臨むチームに合流し、東京ドーム内でリモートによる入団会見に臨んだ。「新しい生活が始まったなという感じ。転校生の気分でいます」と笑いを誘い「(ヤクルトのユニホームが)予想より似合っていた。凄く晴れやかな気持ちでいっぱいです」と笑顔で話した。

 会見前には巨人戦の試合前練習に参加。石川から「やりなよ」と誘ってもらい、エースの小川とキャッチボール。「色んなことを聞きました。遠征はどう行ったらいいですか?とか聞きました」。

 右太もも裏の張りも完治し、今季の目標には2桁勝利と防御率2点台を設定。「コントロールが一番、自信があるので、そこをさらに磨いていかないといけない。あとは気持ちも強い方だと思っているので、打者に向かっていくところをみせていきたい」と力を込めた。

 背番号は400勝左腕の金田正一氏が国鉄時代につけていた「34」と期待の大きさが伺える。同郷・広島出身の高津監督は開幕ローテーション入りを期待している。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月3日のニュース