神奈川大ドラフト候補・梶原 東芝とOP戦で1安打も脱帽2三振「全く歯が立たなかった」

[ 2021年3月3日 05:30 ]

オープン戦で安打を放った梶原(撮影・川島 毅洋)
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト候補の神奈川大・梶原昂希外野手(3年)が2日、横浜市内で行われた東芝とのオープン戦に「3番・中堅」で出場し1安打、2三振。「レベルの高い社会人の投手と対戦できてよかったけど、全く歯が立たなかった」と脱帽した。

 大学最終年へ「シーズン8本塁打のリーグ記録を更新したい」と目標設定。6球団のスカウトが視察し、日本ハムの坂本晃一スカウトは「身体能力が高い選手。足もあるし、これからが楽しみ」と評した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月3日のニュース