センバツのPCR検査は2回、大会前と1回戦終了翌日に実施 開会式は6校のみ参加、残り26校は映像で

[ 2021年3月3日 19:00 ]

甲子園球場
Photo By スポニチ

 日本高野連は3日、第93回選抜高校野球(3月19日から13日間、甲子園)の第3回運営委員会を開き、チーム関係者に課すPCR検査の詳細を発表した。大会前と1回戦終了翌日(勝利校のみ)の2回にわたって行う。第6日の第1試合に組まれている中京大中京(愛知)と専大松戸(千葉)についてのみ、勝者が試合当日に実施する。

 大会前検査で出場校に新型コロナウイルス感染者が発生した場合、緊急対策本部で感染経路などを情報収集し、大会参加の可否を決定。発生の時点で当該地区の補欠校を対象にPCR検査を実施し、万が一の事態に備える。補欠校の効力は大会前検査が終了し、開幕するまで。開幕日以降、出場校が参加できなくなった場合は、相手校の不戦勝となる。

 なお、今大会はブラスバンドの演奏による応援は禁止だが、音源を用いての応援の可否について、小倉好正事務局長(62)は「検討し、決まり次第発表します」とした。

 また、簡素化する開会式、閉会式の詳細も決定。開会式は第1日に登場する6校が参加し、北から南の順に1校ずつ内野に向かって行進。6校が内野に整列した後、オーロラビジョンで残り26校が行進する映像を北から南の順に放映する。閉会式は密を避けるため、メダル授与をまとめてチームの代表者に渡すこととした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月3日のニュース