オリックス・山岡 もみじ饅頭で増量計画!目指すは5キロ増も…「食べ過ぎで嫌いになりそう」

[ 2020年11月15日 05:30 ]

オリックスの山岡
Photo By スポニチ

 オリックス・山岡が自己最重量をめざして体重増に取り組んでいく。「今までは栄養を考えた食事をしていたけれど、それでは太れない。だから、間食でお菓子やおはぎとか甘いものを食べるようにしてます」

 目標は73キロ。プロでは68キロがMAXだったが、より強いボールを投げるために限界突破を決心した。ウエートトレーニングの強度を上げつつ、マッチョ化するつもりだ。広島の実家から送られてくるもみじ饅頭を食後1時間ほどして食べるようにしているという。

 並行して来季に向けた新フォーム固めにも余念がない。「言葉では説明しにくいけれど、良くはなってきている」。ただ、より速い球、よりいい球を投げるには、ある程度体に負担がかかるのは自然の理。「しっくりくるフォームを身につけてもそれで抑えられないのでは意味がないですから」。だからこその身体改造プラン。舞洲での秋季練習に参加中で、「元々甘いものは好きだったけれど、食べ過ぎで嫌いになりそう」と笑っていた。(田中 貴久)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月15日のニュース