×

東海大菅生、決勝進出!DeNA・小池コーチ長男の祐吏がV打

[ 2020年11月15日 05:30 ]

秋季高校野球・東京大会準決勝   東海大菅生7-5関東第一 ( 2020年11月14日    神宮 )

8回2死一、二塁、勝ち越しの適時打を放った東海大菅生・小池(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 来年センバツの重要な参考資料となる東京都大会は14日、神宮球場で準決勝2試合が行われた。15年以来のセンバツ出場を狙う東海大菅生はDeNA・小池正晃2軍外野守備走塁コーチの長男・祐吏内野手(1年)が8回に決勝打。関東第一を7―5で下した。日大三は二松学舎大付に3―2で競り勝ち、18年以来のセンバツ出場へ大きく前進。15日に決勝が行われる。

 父が横浜高時代に春夏連覇を成し遂げた聖地に近づく一打だ。東海大菅生でDeNA・小池正晃2軍外野守備走塁コーチの長男・祐吏(1年)が「5番・三塁」で出場。3―3の8回2死一、二塁から左前へ決勝適時打を放った。前日に「おまえも頑張れ」と電話で激励を受けたという父と同じ右打ちの若武者は「あの場面で打てて良かった。高校のとき父は常にフルスイングしていたと聞き、取り入れています」と話した。

 センバツの舞台を「父から“俺らは優勝した”って自慢話を聞いてきた」と笑うが、高校に入って改めて誇らしいと思うようになったという。「最後に勝って、笑って甲子園に行きたい」。父が「平成の怪物」と称された松坂(現西武)とともに伝説をつくった憧れの舞台まで、あと1勝だ。(柳内 遼平)

 ◆小池 祐吏(こいけ・ゆうり)2004年(平16)8月17日生まれ、神奈川県出身の16歳。小1で野球を始める。岩崎中では中本牧シニアに所属。東海大菅生では1年秋からベンチ入り。1メートル80、77キロ。右投げ右打ち。

 ▼関東第一・市川(プロ注目右腕で9回、137球完投も7失点)味方が同点に追いついてくれたので粘ろうとしたが…。悔しい。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月15日のニュース