常連校監督らも落胆…昨夏Vの履正社・岡田監督「致し方ない」大阪桐蔭・西谷監督「心が痛い」

[ 2020年5月21日 05:30 ]

夏の甲子園、地方大会中止

履正社・岡田監督
Photo By スポニチ

 第102回全国高校野球選手権大会の中止決定を受け、甲子園常連校の監督らも落胆の色を隠せなかった。

 昨夏の優勝校、履正社の岡田龍生監督は「生徒たちは無念で悔しい気持ちでいっぱいだろう。その気持ちは私たち指導者も同じ。彼らの安全を無視してまでやることがプラスかと考えると、この結果になったことは致し方ないと思う」と苦渋の決断に理解を示し「顧問としてはどんな形でも最後に試合をさせてやりたいという思いはあるが、今は冷静に高校野球連盟の決定を待ちたい」と続けた。

 大阪桐蔭・西谷浩一監督は「どこかで覚悟はしていたのですが、いざそうなると心が痛いと言いますか……。春の時は“まだ夏がある”と話をしましたけど、今回はどんな言葉を掛けたらいいのか、正直、難しい。何もさせてやれなかったという思い。どん底に落ちてしまった」と無力さを痛感した上で「ただ、これで(3年生の野球が)終わりではない。(大阪大会を含めて)どこかで一つの形になるようなことも考えていきたいと思います」と前を向いた。

 明徳義塾の馬淵史郎監督はミーティングで「自暴自棄になったり、目標を失ってふにゃふにゃの人間になったりしたらあかん。高校野球の目的は人間づくり。将来につながるための高校野球やから。それだけは忘れんなよ。とにかくやれることを最後までやっていく。こっから出発点だ」と熱く語りかけた。

 智弁和歌山・中谷仁監督は「本当に辛い。何と声を掛けていいか言葉が見つからない。」といえば、星稜の林和成監督も「3年生は選抜を含め、戦わずに負けてしまった」と苦しい胸の内を明かした。また、日本航空石川の中村隆監督は「雲外蒼天。いつかはこの本当に辛い経験が人生において財産になるよう、生徒と向き合って指導していきたい」と言葉に力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月21日のニュース