巨人・高橋は逆転開幕ローテへ着々 ブルペンで54球投げ込み「腕もしっかり振れた」

[ 2020年5月13日 05:30 ]

ブルペン入りした巨人・高橋
Photo By スポニチ

 左肘痛からの復帰を目指す巨人・高橋が川崎市のジャイアンツ球場でブルペン入りし、54球を投げ込んだ。杉内2軍投手コーチらが見守る前でユニホーム姿で熱投。「順調に来ています。腕もしっかりと振れました」と汗を拭った。3月上旬に左肘を痛めて2軍落ち。4月5日に故障後初のブルペンで20球を投じるなど、ファームで徐々に状態を上げてきた。

 この日、1軍は東京ドームで2日連続で練習。先発陣の柱である菅野やサンチェスらが6月中旬を目指す開幕に向けて汗を流した。「コロナウイルス対策を僕もしっかり守って、開幕が来ることを信じてやっていきます」と高橋。18年のドラ1左腕が、逆転で2年連続の開幕ローテーション入りを狙う。(青森 正宣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月13日のニュース