FA残留の西武・十亀「言葉でなく、背中で引っ張る」

[ 2020年5月13日 05:30 ]

メットライフドームでキャッチボールを行う西武・十亀(球団提供)
Photo By 提供写真

 昨オフに国内FA権を行使して残留した西武の十亀が「言葉ではなく、背中でチームを引っ張りたい」と語った。自主練習期間中は、ニールとコンビを組み、昨季から取り入れている投球の際にゴムチューブで前から引っ張ってもらう練習を継続。「前のめりになるのを我慢する力を養っている」と効果を口にした。自宅では、昨年9月に誕生した長女と遊ぶ時間が増えており、「一人の父親としては、子供が一番成長して変わっていくタイミングで、近くで見守れるのはうれしいことです」と笑った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月13日のニュース