21年WBC 23年に延期へ 米各メディア報道 斉藤コミッショナー「やむを得ない」

[ 2020年5月13日 05:30 ]

侍ジャパン・稲葉監督

 来年3月に開催予定だった第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で23年に延期されると11日(日本時間12日)、複数の米メディアが報じた。今大会は前回より4チーム多い20チームの参加が予定されていたが、すでに予選も延期されている。今後、正式決定を経て各国に通知される見込みだ。

 世界の強豪が集う祭典が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期を余儀なくされた。スポーツ専門局ESPN(電子版)によると、関係者は「(WBCは)現時点での優先事項ではない」とコメント。大リーグ、NPBとも今シーズンの開幕がようやく見え始めたばかり。世界的な感染の終息が見通せない状況で、WBCの開催も先送りとなった。

 今大会は参加チームが20に拡大。日本を含む前回出場の16チームはすでに出場が決まっており、残り4チームを予選で決める予定だった。しかし今年3月に12チームが参加して米アリゾナ州で行われる予定だった予選は延期され、いまだ実施されていない状況だ。大会は来年3月に東京、台湾、米アリゾナ、フロリダ州で1次ラウンドを行い、準々決勝を東京ドームとマイアミ、準決勝と決勝をマーリンズの本拠「マーリンズ・パーク」で開催する予定だった。

 日本代表は06年の第1回大会で優勝し、09年には連覇を果たした。来年は延期された東京五輪が夏に控えており、3月のWBCとの過密日程も懸念されていた。第5回WBCは2年延期されて23年に行われる予定。ESPNによると、次回大会は来年末まで有効な大リーグの労使協定に含まれており、22年以降の開催には再協議が必要になるという。

 大会まではまだ10カ月あるが、新型コロナウイルスの感染拡大が長引けば各国が代表チームを編成することも困難になる。報道を受け、プロ野球の斉藤惇コミッショナーは「延期ということで、我々としてはやむを得ないだろうと思っている」と話した。

 ▼楽天松井(17年第4回WBC代表)国際大会では思うようなピッチングできていなくて、(次回は)力を出したいと思っていた。延期になった分は力をつけられる時間だと思って、前向きにとらえたい。
 ▼日本ハム近藤(19年プレミア12代表)来年は東京五輪もあるし、(開催は)当然きつくなってくるんじゃないかと思っていた。ただWBCよりは、今年のシーズンが開幕できるかどうかの不安の方が大きかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月13日のニュース