オリックス・紅林 “お打ち時間”は「バットをたくさん振っています」 “おうち時間”は映画鑑賞

[ 2020年5月13日 05:30 ]

自主練習するオリックス・紅林(球団提供)
Photo By 提供写真

 オリックスのドラフト2位・紅林は12日、大阪・舞洲の球団施設で自主練習し、振り込み重視の“お打ち時間”に励んでいることを球団を通じて明かした。

 「とにかくバットをたくさん振っています。少しでも体力、技術が上がるように」

 寮の自室で過ごす実際の「おうち時間」は「ワイルド・スピード」など映画鑑賞してリフレッシュしているといい「まずはケガをしないでシーズン通して試合に出続けられるように」とプロ1年目を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月13日のニュース