首都大学野球 春季リーグ戦は1試合総当たり制 開幕は6月21日に再延期

[ 2020年4月10日 15:25 ]

 首都大学野球連盟は10日、常務理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今春リーグ戦の開幕を6月21日に再延期すると発表した。

 これまで2戦先勝の勝ち点制で行っていた1部は1試合総当たり制を導入。日程を短縮し、7月19日までの日曜日のみ開催とする方針を固めた。

 2部も2グループをそれぞれ1試合総当たり制で実施し、順位決定戦を7月24日に行う予定。

 また入れ替え戦は実施しない。今後の状況によっては再延期、中止の可能性もある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月10日のニュース