関根さん「プロ野球ニュース」で「よろしくどうぞ」ソフトな語り口で親しまれる

[ 2020年4月10日 05:30 ]

関根潤三氏死去

フジテレビ「プロ野球ニュース」で長年解説を務めた関根潤三さん(フジテレビ提供)
Photo By 提供写真

 関根氏は、解説者として長らく「プロ野球ニュース」(フジテレビ系列)の顔だった。大洋(現DeNA)監督を退団し、85年に初めて野球解説者に。さらにヤクルト監督を挟んで90年から30年間、同局解説者を務めた。深夜のお茶の間でおなじみだったプロ野球ニュース。関根氏は「好々爺(こうこうや)」といったたたずまいで、フジテレビ関係者は「ソフトな語り口で、視聴者から非常に親しまれていました」と話した。

 画面に登場すると、必ず「よろしくどうぞ」とあいさつ。解説する際は選手のことは決して悪く言わず、同関係者は「良さ、長所を常に見ている方でした」と振り返る。プロ野球ニュースは現在、同局のCSチャンネルで放送されており、関根氏の最後の出演は16年8月だったという。

 女性アナウンサーの野球界進出の「生みの親」ともいえる。88年、同局の中井美穂アナウンサーがプロ野球ニュースのメインキャスターに。ほとんど野球の知識がなかった彼女を、番組で隣に座って温かくサポートしたのが関根氏だった。「中井アナが最初で、その後も多くの女性アナが関根さんにお世話になった」と同関係者。今では多くの女性アナウンサーが野球の現場にいる。「優しい人で、若い社員に対しても分け隔てなく接してくれた」という関根氏の隠れた功績といえる。

 ▼フジテレビ 長年にわたり野球番組の「顔」としてご活躍いただき、その辛口コメントとともにファンを大事にする姿勢で多くの視聴者を魅了していただきました。また、関根さんの明るい笑顔と大きな優しさに育てられたスタッフも数多く、野球の素晴らしさとともに人の尊さを教えていただきました。本当にありがとうございました。そしてどうぞ安らかにお眠りください。

 ▼森脇健児(「プロ野球ニュース」で2年間共演)優しく厳しく野球を教えていただきました。大好きな解説者でした。ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月10日のニュース