オリックス・K―鈴木 自主練習期間有効活用、先発枠入りへ再チャレンジ

[ 2020年4月10日 05:30 ]

自主練習で遠投するKー鈴木(球団提供)
Photo By 提供写真

災い転じて福となす、の心境だ。オリックスの3年目右腕・K―鈴木が、自主練習期間の有効活用で再チャレンジを誓った。「いつ開幕しても、昨年以上にチームの勝利に貢献できるように、しっかりと準備をしていくだけです」。

 昨季4勝を挙げ今季はローテ入りを期待されていたが、2月のキャンプ終盤に不調で2軍降格。一時は開幕ローテーション入りも危ぶまれたが、開幕延期に加え、3月17日の阪神との2軍練習試合で7回1/3無失点と好投したことでチャンスが巡ってきた。現在は毎日、遠投を取り入れ、体を大きく使ったフォーム作りに重点を置いている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月10日のニュース