NPB スポーツ庁の支援対応は慎重「補助金などを一切お受けせず独自でやってきた」

[ 2020年4月10日 05:30 ]

 日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は9日、スポーツ庁が20年度補正予算案に約9億円計上した各団体支援策への対応について、慎重な姿勢を示した。

 プロスポーツ団体も補助対象だが、これまでも今後も議論する予定はないという。「損害の計算は難しい。またNPBは官公庁からの補助金などを一切お受けせず独自でやってきた。素晴らしいお声掛けですが、そこも含んで考えないといけない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月10日のニュース