西武・内海 実戦復帰で1回零封!西口コーチ「やっと一歩を踏み出したね」

[ 2020年3月19日 16:28 ]

 19日のイースタン・リーグ練習試合、DeNA戦(横須賀)で、昨年10月24日に「左前腕筋腱修復手術」を受けた西武・内海が今季初登板。中継ぎで6回の1イニングを最速141キロをマークして無失点に抑えた。

 実戦復帰の好投を伝え聞いた1軍・西口投手コーチは「えっ、抑えたの?やっと一歩を踏み出したね。本人もほっとしていると思う」とベテランを思いやった。

 また午前中にメットライフドームで行われた1軍全体練習を見守った辻監督は、内海について「順調に過ごして2軍でそれなりのものを見せてもらいたい。その中で(1軍投手陣に)何があるかわからないし、しっかりと準備を進めてもらいたい」と期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月19日のニュース