中日・ゴンサレス“ゼロの男”目指す!今春実戦では無失点「開幕まで調子をキープしたい」

[ 2020年3月19日 05:30 ]

練習終わりに笑みを見せる中日のゴンサレス(撮影・徳原 麗奈)
Photo By スポニチ

 中日の新外国人・ゴンサレスが“ゼロの男”を目指す。ナゴヤ球場で行われた全体練習でブルペン入りし、37球を投げ込んだ左腕。今春実戦は練習試合、オープン戦を含めた計6試合6イニングを失点0の防御率0・00という好成績だ。「特別なことはしていないが、ちゃんと準備して試合でベストを出せるようにしている」と胸を張る。

 勝利の方程式の一角として8回を任されることが濃厚で、開幕戦でも投げる可能性が十分にある。セ・リーグの開幕戦からの連続試合無失点記録は00年遠山(阪神)の20試合。約5年前に米マイナーリーグで「20イニング連続無失点で投げたことがあるよ」と記録更新も夢ではない。開幕日はまだ決まっていないが「開幕まで自分の調子をキープしていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月19日のニュース