履正社 夏春連覇の夢消え…岡田監督、やり場のない悔しさあらわに「残念」

[ 2020年3月12日 05:30 ]

選抜高校野球大会 史上初の中止

 履正社(大阪)の夏春連覇は思わぬ形でついえた。岡田龍生監督は「残念だ。生徒たちは甲子園でプレーできることを信じて準備してきた」とやり場のない悔しさをあらわに。

 一方で「野球部の子供たちのことを考えたらかわいそうだが、中止になった他競技の部員も同じ」と思春期の生徒たちをおもんぱかった。「一日一日を大事に練習していこうと選手たちに呼びかけたい」と夏連覇に目標を切り替える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月12日のニュース