阪神ドラ6・小川 満点1軍デビュー オープン戦初登板で1回無安打無失点に「いい収穫」

[ 2020年3月12日 05:30 ]

オープン戦   阪神3―1ヤクルト ( 2020年3月11日    神宮 )

<ヤ・神>阪神2番手の小川(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ルーキー右腕が大きな一歩を刻んだ。阪神のドラフト6位・小川が5回にオープン戦初登板。1イニングを無安打無失点で上々の“1軍デビュー”を飾った。

 「緊張して思ったような投球までとはいかなかったけど、思い切って投げられたのはよかった。四球はあったんですけど、ヒットなしでゼロで抑えられたのはいい収穫です」

 真新しい背番号66のユニホームで、目いっぱい腕を振った。先頭のエスコバーを4球目のスライダーで三ゴロに仕留め初めてのアウトを奪うと、中村は歩かせたが、宮本を左飛、坂口を二ゴロに料理。緊張もあってか、制球は少々アバウトだったが最速147キロを計測した直球を軸に力で押した。

 「制球が課題なので一回一回、課題を減らしていきたい」
 指名順は育成選手を除いては球団新人では一番下。それでも、他の5人は高校生だけに出世争いで負けるわけにはいかない。寮では年下の同期にいじられる兄貴分でも、誰よりも早い公式戦デビューを狙っている。開幕1軍を目指すかと問われ、表情を引き締めた。

 「奪えるならその場を奪いたいですし、食い込めるならそこに食い込んでいきたい」

 矢野監督の評価も高い。「カット(ボール)、チェンジアップどっちも勝負球にもなるし、そんなに制球を乱す感じもないのでね。面白い存在になれるんじゃないかな」。今後の1軍継続については「どうしようかな。はっきり決めてない」としたが、レギュラーシーズンのマウンドに立つ日は遠くなさそうだ。(山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月12日のニュース