大リーグ オープン戦中止 開幕2週間延期を発表

[ 2020年3月13日 04:25 ]

菊池雄星
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く米国で、大リーグ機構(MLB)は12日(日本時間13日)、オープン戦の中止及び26日(同27日)に予定していた公式戦開幕を少なくとも「2週間遅らせる」と発表した。

 大リーグは11日(同12日)、ワシントン州が250人以上が集まるイベントの制限措置を発表。同州シアトルを本拠とするマリナーズは、26日(同27日)からのレンジャーズとの開幕4連戦、30日からのツインズ3連戦の本拠地開催断念を表明した。代替案としてキャンプ地のアリゾナ州での開催などを検討している。開幕戦で予定されていた球団会長付特別補佐兼インストラクターのイチロー氏による始球式の延期も決定。27日(同28日)の開幕2戦目の先発が確実な菊池は「残念な気持ちはあるが、しっかり変わらぬ準備をしていきたい」と語った。

 また、カリフォルニア州も3月中の250人以上の集会中止を求めると決定。ジャイアンツは24日(同25日)の本拠地サンフランシスコでのオープン戦を中止した。同州に本拠を置き本拠地開幕となるドジャース、パドレス、アスレチックスについて、米メディアは「本拠での開幕シリーズを別の場所に移して行うか、延期することになる」と報じた。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月12日のニュース