阪神・藤浪 開幕ローテ大前進の4回2安打零封!課題克服「変化球の感触は一番良かった」

[ 2020年3月12日 05:30 ]

オープン戦   阪神3―1ヤクルト ( 2020年3月11日    神宮 )

<ヤ・神>力投する藤浪(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神の藤浪晋太郎投手(25)が11日、ヤクルトとのオープン戦(神宮)に先発し4回2安打無失点で5奪三振の快投を見せた。春を感じさせる快晴のもと、復活を目指すが男が“躍った”。投げ終わりにマウンドで跳ね上がるような動作に誰もが感じた充実感。結果以上に内容に手応えを得た。

 「カットボール、フォーク、カーブも使いましたし全体的にやりたかったことはできた投球じゃないかなと」

 腕を振るごとに躍動感は増した。初回こそ先頭・坂口に直球を左前に運ばれるなど2死一、二塁を背負ったが、好調な塩見を外角低めの152キロで見逃し三振。結果的に最初で最後の窮地を乗り切ると2、3回を3者凡退に仕留めるなど以降は危なげなかった。

 最速153キロを計測した真っすぐだけでなく、目立ったのはキャンプ中から課題に挙げてきた変化球の精度。「このオフというかキャンプから実戦で投げてきた中では変化球の感触は一番良かった」と話したように武器のカットボールは低めに集まり、左打者に対しては“バックドア”も投げた。極端に引っかけるボールはなく抜け球も目立たなかった。

 新たな引き出しも駆使した。4回、先頭で対峙した青木には1ボール2ストライクと追い込んでからカーブでタイミングを外して投ゴロ。3回にも坂口に対して初球から2球連続で投げるなど、シーズンに向け幅の広がる要素も見せた。

 「勝負するうえで緩急、コースに投げるのは必要だと思う。内、外しっかり投げ分けられましたし外からのカットボール、スライダーだったり。真っすぐも内、外しっかり投げられたのは良かった」

 何より、印象的だったのは表情だ。梅野の出すサインに力強くうなずき、3回を投げ終えてベンチへ戻った際には頬を緩めて満面の笑みを浮かべた。「いい表情で」と求めてきた矢野監督も「自分がいいボールが行っているという手応えがあるような、いい顔でね」と目を細めた。ただ、長い苦闘からの「前進」を認めるからこそ「もう1球早くアウトになるような形ができてくるというのが、さらに上にいけるところ」と課題にも言及した。

 シーズン開幕が延期となりローテーションの5、6番手争いは今後も続く。「まだまだこれからアピールしないといけないし、しっかり練習していきたい」。つぼみは膨らみつつある。シーズンで咲き誇る「笑顔」を誰もが待っている。(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月12日のニュース