新井貴浩氏 誠也の打球の質変化に感じた凄み!「率も、本塁打も、もっと伸びる予感」

[ 2020年2月2日 09:30 ]

ランチ特打中の鈴木誠(左)と話す新井氏 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 スポニチ本紙評論家・新井貴浩氏(43)がプロ野球の春季キャンプを巡る「新井さんが行く~侍戦士の春」は東京五輪を控える侍ジャパン候補を中心に近況に迫る。1日は古巣・広島の天福球場を訪れ、赤ヘルだけでなく侍でも4番を有力視される鈴木誠也外野手(25)の打撃に進化を見た。

 いやあ~、凄かったね。誠也のバッティングは…。ビックリした。初日とは思えない力強いスイングだった。自主トレも順調だったんだろうね。充実ぶりが分かる。昨春と違って右足首の不安がない。何より強い責任感が伝わってきた。初日から全力でバットを振る姿を周りに見せていた。影響力が強い選手。チームを引っ張っていく自覚がにじみ出るフルスイングだった。

 変化が見えた。コンマ何秒の世界。バットの面とボールが当たっている時間が長くなったように感じた。誠也に聞いたら、「少し意識を変えています」と。トップをつくってから振り出したバットが常に体の近くを通るようになった。去年まではバットとボールが“ドン”と当たって“バーン”と飛んでいく感じ。インパクトの強さで打球を飛ばしていた。いまはボールを運ぶ感覚かな。

 打球の質も変わった。左中間への打球が以前のようにフックせず、フェードしている。左翼ポール際への打球も切れずに内側へ入ってくる。高度な技術だ。昨季でさえ打率・335、28本塁打の好成績。率も、本塁打も、もっと伸びる予感がする。凄みを感じるね。

 五輪では当然、4番候補。いや、もう4番で決まっている。誠也は言葉にはしないだろうけど、内に秘めた強い思いがあるはずだ。

 アツ(会沢)とはチーム全体の話をした。昨季まで選手会長で、やはり気配り目配りができる。昨秋のプレミア12。最初は先発投手に合わせた捕手起用が大会終盤になってアツが主戦になった。驚きはなかった。もともと、それだけの資質を持っていたから。

 周りの評価は“打てる捕手”だけど、それだけじゃない。投手とコミュニケーションを取るのがうまい。いいところを引き出そうという気持ちを持っている。そういう姿勢が投手陣に安心感を与え、代表でも認められたんじゃないかな。

 誠也が4番なら、アツは正捕手。それに沖縄で調整しているキク(菊池涼)もいる。3人が東京五輪でも侍を引っ張ってくれたら、広島OBとして誇らしい。自慢の弟たちだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月2日のニュース