西武 南郷駅をライオンズ化 辻監督「自分たちも頑張ります」

[ 2020年2月2日 10:25 ]

<西武・南郷キャンプ>BCLプロジェクト・岩崎礼生代表(左)から記念チケットを受け取る辻監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武南郷キャンプの最寄り駅であるJR九州・日南線南郷駅をライオンズ化した「“ライオンズ”南郷駅お披露目式」が2日、同駅で行われ、後藤オーナー、辻監督、源田主将、森選手会長、山川、平井らが出席した。

 同計画は地元高校生らを中心とした企画「BCL(ブルー・シティー・レオ)」プロジェクトの一環として進み、実現。西武カラーに染まった南郷駅には、地元ファンを中心に約200人が集結し、出席者らのテープカットに歓声が上がった。

 ライオンズカラーの駅を目の当たりにした辻監督は「昨年から話を聞いていて期待していた。南郷の街がずっとライオンズの街として言い伝えられるように、自分たちも頑張ります」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年2月2日のニュース