西武ドラ1宮川 サインもプロ仕様に変化「漢字を崩した形に…」

[ 2020年1月11日 15:15 ]

ファンの子どもにサインする西武のドラフト1位・宮川
Photo By スポニチ

 西武のドラフト1位・宮川哲投手(東芝)、同8位・岸潤一郎外野手(四国・徳島)が、新人合同自主トレの終了後に即席のサイン会を行った。

 埼玉県所沢市の球団施設の前で、そろって約70人にサイン。ルーキーとして初のサイン会で、宮川は「応援してもらって、ありがたいしうれしいです」と笑顔。記念撮影にも収まった。

 宮川は社会人時代は漢字で普通に「宮川哲」と書いていたが、プロ入りを機に「漢字を崩した形に変えました」という。

 12日には辻監督が初めて合同自主トレを視察する予定。即戦力ルーキーは「いつも通りにやるだけです」と気合の表情で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月11日のニュース