侍J・稲葉監督 ゴルフ渋野と共闘誓い「一緒にオリンピックという場所で戦えたら」

[ 2020年1月11日 05:30 ]

ビッグスポーツ賞を受賞し、喜びを語る野球・稲葉篤紀監督(中央は競泳・瀬戸大也、右はゴルフ・渋野日向子)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフの渋野日向子(21=RSK山陽放送)が10日、都内で行われた「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式に出席した。

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(47)は渋野との共闘を誓った。壇上で対面し、始球式でのストライク投球を見届け「パワーを頂きました。一緒にオリンピックという場所で戦えたらと思う」。昨年の全英優勝はテレビで見届け、最終18番でバーディーを奪ったウイニングパットが印象に残っているという。「あの緊張感の中で開き直って投げられるかは投手も大事。今日の始球式も難しいと思いましたが、一発勝負で決める。素晴らしいものを持っている」と大舞台での強さにほれ込んだ様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月11日のニュース