巨人ドラ1堀田 またもビッグドリーム「日米通算200勝&殿堂入り」

[ 2020年1月11日 05:30 ]

<新人選手研修会>研修を終え修了証を授与される堀田(左は宮川)(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト1位・堀田(青森山田)が新人研修会に参加し、大きな野望を語った。約7時間の研修を終えた18歳右腕は「日米で通算200勝できるような選手になって殿堂入りをしたい」。他球団のルーキーたちと野球殿堂博物館を見学するなど刺激を受け、壮大な夢を口にした。

 研修では、現役時代に日米で活躍した侍ジャパン・建山投手コーチの話が心に響いた。「プロ野球で活躍する2つの条件のお話をされていた。技術面と精神面。心に残りました」と大先輩の金言に影響を受けた。

 これまでも「3年目までにローテーションに入って10勝以上」と巨人で文句なしの活躍をした上で「大リーグに挑戦したい」と語り、エース菅野の球界最高年俸6億5000万円を目標に定め「いろんなところに家を建てたい」とハワイやグアムに別荘を建てる夢を語ってきた。プロ野球の世界は努力次第で、どんな未来でもかなえることができる。(青森 正宣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月11日のニュース