侍ジャパン 楽天&巨人と7月五輪直前強化試合 稲葉監督「開幕から波に乗れ」

[ 2020年1月11日 05:30 ]

テレビ朝日ビッグスポーツ賞の表彰式で喜びを語る稲葉篤紀監督(左は前田智徳氏、右は古田敦也氏)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(47)は10日、7月の東京五輪直前に行う2試合の強化試合の対戦相手が、楽天と巨人に決まったことを明かした。

 「25日に楽天、26日にジャイアンツと、練習試合をさせていただきます」

 東京五輪の野球競技は7月29日に、福島県のあづま球場で開幕戦を迎える。五輪を控え、プロ野球は7月20日のオールスター第2戦(ナゴヤドーム)をもって中断。同22日から楽天の本拠・楽天生命パークで直前合宿を行う。25日の楽天戦、26日の巨人戦を経て、中2日で本番に臨む。

 2月のキャンプインを迎え、選手選考への視察も加速させていく。「シーズンをまずはしっかりと戦ってもらいたい。開幕から波に乗っていくことが選手には大事」と稲葉監督。五輪へ向けての青写真は具体性をより濃くしてきた。「野球は競技人口が減っている中、もう一度より注目してもらえるように。金メダルを獲ることが大事になってくる」と力強く頂点を見据えた。(後藤 茂樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月11日のニュース