ロッテ・佐々木朗希、好物・パイの実生産見学できずも…“64層”に驚き「何事も積み重ねが大事」

[ 2019年12月10日 15:10 ]

ロッテのドラフト1位・佐々木ら新人選手はさいたま市内のロッテ浦和工場を見学。大好物「パイの実」の生産ラインは見学できなかった佐々木は、特注の「ササキの実」をもらい、笑顔
Photo By 提供写真

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)を含む新人7選手は10日、さいたま市内のロッテ浦和工場を見学し、約1時間、コアラのマーチ、ガーナミルクの生産ラインを見学した。

 見学を終えた佐々木朗は「工場を見学するのは初めででした。とてもチョコレートのいい香りが漂っていて、不思議な感じがしました。一つのお菓子を作るのに細かい過程があり、いろいろな人が携わっていることが印象に残りました。自分も投手として過程を大事にしながら一つ一つコツコツ取り組んでいくことで目標とする沢村賞をとれる投手になりたいと思いました」と感銘を受けた様子。

 好物の「パイの実」の生産ラインは見学コースに入っていなかったが「今回は大好きなパイの実の生産過程は残念ながら見学をすることが出来ませんでしたが、パイの実が64層から成っていることを聞いてとてもビックリしました。何事も積み重ねが大事だと改めて感じました。自分もプロの世界で一つ一つ積み重ねていきたいと思いました」と自らの成長を好物のお菓子になぞらえていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月10日のニュース