ソフトB和田、現状維持1億円で更改 松坂との投げ合い「楽しみ」

[ 2019年12月10日 05:30 ]

現状維持で契約更改を終えた和田(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの和田毅投手(38)が9日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸1億円で来季の契約を更改した。

 今季、2年ぶりに復活勝利を挙げるなど4勝をマークしたベテランは、「球団からは“年齢は上がっていくけど何歳までやれるか見たい”と言ってもらった。来年は1年間、ローテーションで投げられる状態にしたい」と話した。

 同学年の松坂が西武に復帰し「同じパ・リーグでお互いに投げる機会があると思うので楽しみ」と投げ合いを心待ちにした。また、交渉では福岡県筑後市のファーム施設以外に福岡市でのリハビリ施設の確保と、「打高投低」となっている現状を訴え、投手の査定の見直しなどを要求した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月10日のニュース