阪神 北條、200万円増でサイン 今季82試合出場、来季は「規定打席いきたい」

[ 2019年12月10日 14:45 ]

契約更改交渉を終え報道陣の質問にこたえる阪神・北條(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の北條史也内野手(25)が10日、西宮市内の球団事務所で契約更改に臨み、今季年俸2600万円から200万円増の2800万円(金額は推定)でサインした。

 「自分自身、納得のいっていない成績だったので、悔しいシーズンでした。バッティングにまだまだムラがあるので、1年間通して成績を残していきたい」

 今季は同い年の木浪の飛躍もあり82試合の出場で打率・247、5本塁打、20打点だった。レギュラー定着に向けて、今オフもヤクルトの山田哲らと松山で5年連続となる自主トレを行う。まずは打撃向上へ「規定打席はいきたい」と目標を定めて2020年シーズンへの準備を整えていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月10日のニュース