中畑氏、巨人・小林に辛口エール 出場試合数92に「これでもらうのは…」

[ 2019年12月10日 05:30 ]

スポニチ制定プロ野球最優秀バッテリー賞表彰式 ( 2019年12月9日 )

バッテリー賞の選考について話す(左から)大野氏、張本氏、中畑氏(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 表彰式には選考委員の張本勲、中畑清、大野豊の各氏(いずれも本紙評論家)が来場。選考過程などを報告し、張本氏は「打高投低の時代に増田の防御率1点台は凄い。森の活躍も素晴らしかった」と西武バッテリーを称えた。

 中畑氏は巨人の後輩で、92試合の出場だった小林に「試合数が足りない。これで(賞を)もらうのは恥。自覚を持ってくれれば。誠司頑張れ!」と辛口のエール。大野氏は「(現役時代に)一度は獲ってみたかった価値ある賞。意思疎通の中で努力して獲れるもの」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月10日のニュース