オリ ジョーンズと合意、メジャー通算282発の外野手 米の17年WBC初制覇貢献

[ 2019年12月10日 11:33 ]

オリックスと契約合意したアダム・ジョーンズ外野手
Photo By ゲッティ=共同

 プロ野球オリックスが、米大リーグ通算282本塁打でダイヤモンドバックスからフリーエージェントになっていたアダム・ジョーンズ外野手(34)と契約合意したことが9日、分かった。関係者が明らかにした。

 ジョーンズは2006年にマリナーズでメジャーデビュー。08年に移籍したオリオールズでオールスター戦に5度選出されるなど球団の顔として活躍。17年には米国代表のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)初制覇に貢献した。

 ダイヤモンドバックス移籍1年目だった今季は137試合で打率2割6分、11年連続の2桁となる16本塁打、67打点をマークした。メジャー通算成績は1823試合で打率2割7分7厘、1939安打、945打点。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月10日のニュース