巨人・高橋、母校で児童と交流 10月に結婚 来年の漢字は「支」

[ 2019年12月10日 05:30 ]

代表の児童から花束を受け取る巨人・高橋
Photo By スポニチ

 1年目で5勝をマークした巨人・高橋が母校・茨城県ひたちなか市立田彦小を訪問し、約870人の児童と交流。11歳下の弟・俊士(すぐる)くん(11)が在籍する6年4組で一緒に給食を楽しんだ。

 10年前の卒業アルバムでは自身の将来の夢を「プロ野球選手」と記していた。10月に結婚した左腕は来年の漢字一文字に「支」を掲げ、「僕が頑張ることで家族の柱になれるように。戦力として頑張ってチームを支える」と家族とチームを支える決意を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月10日のニュース