あの人も同じ2億円…西武・森ニヤリ「そこは関係ないやろ!」

[ 2019年12月4日 17:53 ]

2億円でサインし、笑顔の森(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 パ・リーグMVPと首位打者に輝いた西武・森友哉捕手(24)が4日、埼玉・所沢市内の球団事務所で契約更改に臨み1億2000万円増の年俸2億円でサインした。

 「ちょっとビビりました。来年が不安です」と時折、笑いを交えて喜びを語った。リーグ連覇を決めた9月24日、ロッテ戦後の祝勝会でチームメートの熊代が森のモノマネを披露。そこでオリックス・吉田と首位打者争いをしていた今季終盤の森の口癖が「吉田正尚、ヒット打った?」だったことを暴露した。11月29日に吉田が年俸2億円で契約更改。くしくも同じ金額となった森に「吉田正尚選手も2億円だったが」と質問すると「そこは関係ないやろ!」とニヤリと笑った。

 森自身は打撃を評価されての金額と分析。「来年はバッテリーで勝てたという試合を1試合でも多くつくりたい。バッテリー間でやらないといけないことは多い」と課題を挙げ、高まる責任感の一端も見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月4日のニュース