ロッテ 有吉、800万円ダウンでサイン 登板2試合に「来季はどこでもやる」

[ 2019年12月4日 11:36 ]

会見で来季の復活を誓ったロッテ・有吉
Photo By スポニチ

 ロッテの3年目右腕・有吉が4日、千葉市内で契約更改に臨み、800万円減の年俸3400万円でサインした。

 今季は先発ローテーションの一角を期待されたが、右肘に痛みもあって2試合の登板で2敗に終わった。有吉は限度額いっぱいの(年俸)ダウンでもおかしくないが、過去2年のことも考慮していただいた」と球団に感謝した。

 痛みを抱えたまま登板していた有吉だが、球団の説得で4月22日に右肘鏡視下関節クリーニング手術を受けた。「僕が無理して球団に迷惑をかけた。すぐに手術をさせてくれたのも球団。来季は先発でも中継ぎでもどこでもやる。1軍にいることが大事」と、恩返しを約束した。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月4日のニュース