中日ドラ1石川昂、目標は「新人王」 東邦が中部スポーツ賞受賞

[ 2019年12月4日 05:30 ]

会見に出席した石川昂 (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 来年も新人王で表彰台に立つ! 中日のドラフト1位・石川昂が3日、名古屋市内で中部運動記者クラブ総会に出席。今春の第91回選抜野球大会で優勝した東邦高が中部スポーツ賞を受賞。エース、主砲として全国制覇に導いた18歳は「自分たちの残した成績が評価されて賞をいただけたので良かった。プロは個人成績が評価される。結果を求めて、また表彰されるよう頑張りたい」と意気込んだ。

 来年目指す表彰台はただ1つ。「まず初めの目標は新人王。獲れるように1年目から全力でやりたい」とプロ野球人生で1度しか獲れない栄冠を目標に設定。現在は個人トレーナーとマンツーマンでウェートトレーニングに励み、引退後から体重が約8キロ増量。「あきらかに飛距離、打球速度が金属バット以上に飛んでいる」とパワーアップした身体でプロの世界へ飛び込む。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月4日のニュース