ソフトB 大竹、1200万円アップで更改 5勝も8月以降1軍登板なしに「力不足感じた」

[ 2019年12月4日 14:45 ]

 ソフトバンク・大竹が4日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1200万円アップの年俸2700万円でサインした。

 2年目の今季は開幕ローテーション入りを果たし17試合で5勝4敗、防御率3・82をマーク。だが、夏場に調子を落とし8月以降は1軍登板なしに終わり「力不足を感じるシーズンだった。チームは最後は日本一になったが輪の中に入れなかった。来年は最後に笑って終われるようにしたい」と意気込んだ。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月4日のニュース