東奥義塾がセンバツ21世紀枠候補の推薦辞退 部員不祥事で

[ 2019年12月4日 17:28 ]

 日本高野連は4日、来春の第92回選抜高校野球大会の21世紀枠候補に青森県高野連が推薦した東奥義塾から、部員の不祥事のため、推薦辞退の申し出があり、了承したことを発表した。

 高野連によると野球部員が今年11月中旬に複数回にわたり、一般生徒1人の財布から現金を窃盗。同28日に判明し、12月2日に所属連盟に辞退届を提出していた。同校は青森3位で東北大会に出場して8強に進んだが、一般枠での推薦についても併せて辞退を申し入れ。高野連は審議委員会で当該校野球部に対して注意措置の指導を科した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月4日のニュース