ソフトB育成左腕・長谷川宙がヤクルト入り 再契約を保留「突然のことで悩んで時間をもらった」

[ 2019年11月22日 15:41 ]

長谷川宙輝
Photo By スポニチ

 ヤクルトはソフトバンクの育成左腕、長谷川宙輝投手(21)の獲得を発表した。長谷川宙は育成3年目を終えて、再契約を保留していた。

 この日、福岡県筑後市のファーム施設で汗を流し、練習後に報道陣に対応した。

 「秋季キャンプは来年もホークスでやるつもりで来ていた。トライアウトの日にヤクルトから連絡が来た。突然のことで悩んで時間をもらった」

 複雑な心境を打ち明けた。「ホークスの支配下でやることが一番の目標だった。高校時代、無名だった僕にチャンスをくれた。僕に気づいてくれたフロント、スカウトの方には感謝の思いでいっぱい」と球団への感謝を口にした。

 長谷川宙は16年育成ドラフト2位で東京・聖徳学園からソフトバンクに入団。東京都出身で小中学生時代はヤクルトのファンクラブに入っていたという。「なるべく早く1軍、神宮で投げて、成長した姿を見せたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月22日のニュース