座右の銘は「筋肉は裏切らない」 楽天 ドラ3位津留崎 自慢の大胸筋で常識変える

[ 2019年11月22日 05:30 ]

ドラフト3位の津留崎(左)は担当の鷹野スカウトから帽子をかぶせてもらう
Photo By スポニチ

 球界のマッチョを目指します!楽天からドラフト3位指名された慶大・津留崎大成投手(22)が21日、仙台市内で入団交渉に臨み、契約金6000万円、年俸1000万円で合意した。

 座右の銘を「筋肉は裏切らない」と話す最速153キロ右腕の自慢は鍛え抜かれた大胸筋。「野球界のセオリーには反するかも」と投手に大きな筋肉は邪魔との通説は理解しつつ「シーズン中も週6回、試合が終わった後もやっていた。僕は登板前に鍛えた方が力が入る」と胸を張った。

 慶大は前日に明治神宮大会で優勝。祝勝会も早々にこの日仙台入りした。4年ぶりに訪れた仙台駅でゴールドジムを見つけ「これ(会見)が終わったら、行こうかなと思ってます」と真顔で話した。

 慶応高3年秋に右肘じん帯再腱手術のリハビリでウエートトレーニングに目覚めた。パ・リーグではオリックス・吉田正も筋肉自慢で知られるが「対戦するより、ぜひ一緒にトレーニングをしてみたい」と筋肉談議を熱望していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月22日のニュース