ヤクルト ドラ3位杉山 1年目の誓い 先輩ライアンの教えで後輩清宮打ち

[ 2019年11月22日 05:30 ]

自身の名前と背番号「35」の入ったタオルを贈られ、笑顔で広げてみせる杉山
Photo By スポニチ

 ヤクルトからドラフト3位指名を受けた創価大・杉山晃基投手(22)が21日、東京都八王子市の創価大で橿渕聡スカウトグループ次長、山本哲哉スカウトと入団交渉に臨み、契約金5500万円、年俸800万円で合意。早くも背番号「35」が入った自身のグッズ(タオル)を贈られ、1年目からの活躍を誓った。

 MAX154キロの右腕は、創価大の先輩で13年の新人王・小川に弟子入りを志願。「1年目から活躍するにはどうしたらいいか、精神面、技術面などを聞きたい」と目を輝かした。日本ハム・清宮は東京北砂リトルの2年後輩。「一緒に試合に出たことはないけど、当時から凄かった。交流戦で当たれば抑えたい」。先輩から指南を受け、後輩封じを掲げていた。 (秋村 誠人)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月22日のニュース